相模湾散骨と東京湾散骨

当社では、相模湾と東京湾にて海洋散骨のお手伝いをしておりますが
夏場の東京湾は、茶色く濁って汚いことをご家族様にご理解していただいた後に、
お申し込み頂いております。それは船に乗り、いざ散骨する瞬間に「待った」と言えるはずがないからです。「東京湾の海で故人は働いていた」「生まれ育った町」「思い出の場所」などの理由であれば、海が綺麗かは関係ないかもしれません。
ただ、交通の便が良いと理由でご検討であれば冬場をお勧め致します。
私たちは、残されたご家族様の心に、後悔の念が残らぬよう努めております。

横浜で東京湾散骨

毎週、多くのご依頼を頂き故人様及びご家族様には心より感謝を申し上げます。
今週末、湘南エリアの相模湾と横浜エリアの東京湾にて5組のご家族様が無事、故人様の散骨を終えました。お墓や位牌に魂を閉じ込める供養と対照的に魂を自由に解き放つ海洋葬。想像は無限に広がる。そう思うところでございます。

イルカも観れる相模湾での散骨

相模湾の海洋散骨。
たまにですが…タイミングによってはイルカも観れます。
本日は2隻に分かれ4組のご家族をお手伝い致しました。
無事に散骨も終え喜んで頂けました。

海への散骨…これがブルーオシャン

淡いブルーの航跡…潮の通りが良い外海だからこそ見られる光景。
東京湾ではこうはならないのが残念…「夜景を見るなら東京湾。散骨するなら相模湾…」だと日頃から思います。

余談ですが、瀬戸内海はあまり綺麗な印象はありませんでした…
紀伊半島の南紀白浜…このあたりはやはり伊豆諸島並みに綺麗でした…

縁や思い出があれば東京湾でもいいと思うのですが…
「輪廻転生」とは死と生を繰り返す思想を言いますが、その旅立ちの場所はどうでも良いのか?
どうでも良いのであれば、少しでも綺麗なところがよい…
その方が来世はもっと明るい!…そう思えるのでございます。

そして、この連休で3組のお手伝いが無事終了…理想的な海況
葉山の名島経由で沖合へ。
全てのご家族様に満足できる対応ができました。

株式会社墓地ナビのFacebook

ハワイから…故郷の海へ散骨

電話に着信が…
着信番号の表示にはハワイの文字…
何かの間違い?と思いながら、電話に出ました。

話を聞くと、お母様の遺言を叶えるため業者を探してる。平塚のマリーナに問い合わせをしたところ、当社に辿り着いたとのことでした。依頼者様はハワイ在住の日本人。話とは関係はありませんが…
アメリカ本土で永住権を取得したそうです。
そして、お母様は熱海市出身だったそうで、前述しましたが相模湾に散骨してほしいという遺言だったそうです。そこで深い話はしなかったのですが、ハワイで火葬したということは、ハワイに一緒に住んでいらっしゃったのだと思います。
母の相模湾での散骨を引き受けてもらえるか?
引き受けが可能であれば、日本に一時帰国するので、その際に母の遺骨を引き渡したいという。
断る理由もないので、お引き受け致しました。
そして数日後、ハワイよりわざわざ事務所まで来ていただき…
故人様のご遺骨を受け取りました。
その際、ご遺骨を拝見。ビニール袋が二重?になっていて封印がされています。そしてタグが付いています。…なんかカッコイイ
ご遺骨が入っている内側の袋は、水溶性の袋。最近の食べてしまいそうな液体洗濯洗剤があります。袋に洗剤を閉じ込めてあるやつです…
それと同じような素材でした。
依頼者と僅かな時間、ハワイでの生活など…お話をしていただきました。
雰囲気のあるとても素敵な依頼者様でした。そして最寄りの駅まで送り、お別れ致しました。

更に数日。散骨当日は、この上ないコンデションだったのですが、伊豆半島はほぼ見えない状態。
そこだけが無念でしたが、無事に終えたことを報告させて頂きました。
ハワイに帰国された依頼者様は報告後メールにてご返事をくださいました。

小西 様
写真、ありがとうございました。日本の光と海、綺麗ですね、母も喜んでいると思います。
お世話になりました。感謝いたします。いつまでもお元気で!

滞りなく無事に役目を果たし…この海もハワイに繋がっている。そんな事をふと思うのでした…
料金をいただき更に、このように言って頂ける…やはり贅沢です。
そして感謝でございます。

至らない散骨で申し訳ない…

連日、東京湾側と相模湾側で散骨のお手伝い。曇り.雨.曇り.雨。
「お天気は別として、海は穏やかですがどうされますか?判断は、お任せします。無理しないでください。」
ご家族に対するせめてもの言葉。一度しかない大事な日。晴れて欲しいと日頃から切に思うのですが…神通力も及ばず。申し訳ない…
ご家族が希望した日なので、私が傷つく事もないのですが、素敵なお見送りを沢山たくさん見てきました。だからこそ傷ついてしまうのです。
ですが、土砂降りでも「主人は雨が好きだった。台風が来るとワクワクしてましたよ(笑)葬儀の日も雨だったし」「父はトラブルメーカーでしたから、父らしいです」そう言ってくださる家族もいて、そんな時は救われます。24日、25日も出船予定です。台風一過で、秋晴れになることを願うばかりでごいます。

真夏の果実

土曜日は、東京湾と相模湾で2組の予定でしたが、高波で相模湾は中止となり、海洋散骨のお手伝いは東京湾のみ。
西は高知県香南市、東は茨城県つくば市からお越しになおられた家族様で、お天気は梅雨空ではありましたが、無事に終えることができました。

日曜日は、相模湾で2組。
土曜日の海象を踏まえ中止の判断をしましたが、1組は可能性があるなら雨でも出港したいとのご要望。
その日でないといけない理由があったのかもしれません…
当日を迎え、雨は本降りではありましたが海は、ほぼ平水べた凪。
出港を決めました。

ご夫婦揃ってサザンオールスターズの大ファンだったようです。もちろん、曲を流しながら…
烏帽子岩を故人様にお見せし、江ノ島と烏帽子岩の中間地点の沖合で奥様のご遺骨を散骨。
「真夏の果実」から始まりお見送りの時には「涙のキッス」…
降船し、依頼者様は「区切りを付けることができました。」そう言い残してお帰りになられました。

ご依頼者様の希望に応えるのが使命なのですが、
やはり…お若いご家族様のお手伝いは切ないので、できれば避けたいものです…

http://sankotsu-sou.com/archives/1981

Posted by 株式会社墓地ナビ on 2015年7月5日

梅雨空で…

本日は、相模湾にて海洋散骨です。
横浜市都筑区にお住いのご家族様を乗せ江ノ島から出船。
ご家族が到着される直前、江ノ島沖では雨柱が…
到着されてすぐに、江ノ島上空を雨柱が通過していきました。少し雨脚がおさまって出発。
「本降りの雨」までは至りませんでしたが、一度延期になったご家族様だったので、青空の下でお手伝いができれば良かったのにと… 梅雨明けが待ちどうしい今日このごろです…

http://sankotsu-sou.com/archives/1966

Posted by 株式会社墓地ナビ on 2015年6月26日

相模湾 散骨

4/24相模湾にて散骨模様の動画を撮らせて頂きました。
故人様の遺骨が海にゆっくりと漂い還る姿がわかります。
皆様は感動され、「散骨いいね」「お見送りだね」と。

石材店勤務時代から納骨業務の際、生身の体で何度もお墓に入った事のある私。一度としてお墓の中がいいなと思った事はありません。
そんな私だからこそ、海洋散骨の良さが分かり、多くの人に伝えたいと心から思うのです。

散骨後の笑顔

本日、相模湾にて2組のご家族の散骨をお手伝いさせて頂きました。
どちらのご家族も故人様が生前に散骨するように言い遺されていたそうです。最後に「これで故人の希望通りになった」と皆様とても良い笑顔でした。
故人様もきっと、笑顔で旅立たれたに違いないと思います。ご家族が笑顔になれる葬送。これが海洋散骨です。

http://sankotsu-sou.com/archives/1819

Posted by 株式会社墓地ナビ on 2015年4月13日