神奈川相模湾のオススメ海洋散骨

散骨を神奈川・東京で行うなら散骨想へ。貸切船で家族だけの散骨総額でこの価格(粉骨料込)

相模湾プライベート散骨
土日限定割散骨
シェア割り散骨
直葬プラン
散骨代行
散骨プラン比較

散骨とは -散骨の知識-

散骨

散骨とは、遺骨を埋葬せずパウダー状にして海や山などの自然にまく葬送の方法です。散骨は近年注目を集めるようになっており、その要因としては、費用面のほか、寺院が経済的費用負担を檀家に強いた事や、少子高齢化・晩婚化問題もあり寺離れが加速し、 同時に、著名人が海での海洋散骨を希望した事が広く報道されるようになってきた事などが考えられます。

散骨を選択する事情は様々で、「お墓に価値を見いだせない」「海に散骨してほしいという故人の遺言」「子供達に負担をかけたくない」など、千差万別のようです。

散骨葬は具体的に何をするの?

散骨の歴史と法

散骨の中でも最も人気のある海洋散骨は、実は現代に突然現れた葬送方法ではありません。 「水葬」や「舟葬」という葬送は古来から世界中に存在します。(これらは文字通り、遺体を火葬しないで川や海にそのまま流す葬送法のことです。現在、日本では原則として遺体を火葬しないで川や海に流すことは法律で禁止されています。)

現代日本において火葬しないで遺体を流すことは法律で原則禁止されていますが、火葬後の焼骨をパウダー状にし撒く「散骨」という行為に関しては、その限りではありません。 この「散骨」について、日本政府が公な見解を示したのは最近のことです。1990年頃から法務省、厚生労働省の散骨に対する見解が流布するようになりました。
『法務省:散骨は節度をもって行えば違法ではない(あるいは問題ない)とするもの。厚生省:(現在の厚生労働省)散骨は法の想定外。』

今後とも海での散骨は徐々に周知され、一般的な葬送となっていくことでしょう。また、そういった傾向は首都圏でより顕著なようで、「散骨」という検索は、1位の北海道に次ぎ、神奈川、千葉、埼玉、兵庫、東京で人気のようです。

散骨についてもっと知りたい方はコチラ

散骨の様子

実際の海洋散骨の様子です。故人様の遺骨が海にゆっくりと漂い還る姿がわかります。
皆様感動され、「散骨いいね」「お見送りだね」と仰っていました。

散骨と当社の想い

散骨へのニーズが高まる中、墓地ナビの散骨想では、神奈川・東京の海を中心に、お客様の心に寄り添うサービスを第一に、多くのお客様の散骨のお手伝いをさせていただいております。

「人と人との絆を忘れずに、一組一組のお客様を大切に、心をこめて丁寧に散骨のお手伝いをする。」
散骨を行われたお客様からのお手紙を読むたびに、その思いと責任感を新たにしています。海洋散骨という仕事を始めて数年が経ちますが、この思いこそが、散骨実績多数でありつづける秘密だと感じております。 リピーターのお客様も多く、感謝の言葉を頂くたびに心が引き締まる思いです。 「必要としてくださるご家族がいる」当社はこれからも散骨のお手伝いを続けていきます。

人気の散骨プランと口コミ評価

海洋散骨 相模湾プライベート散骨
4.8
(19)

散骨想からのお知らせ