一ヶ月ぶりの湘南海洋散骨

13日。
横浜港。久しぶりの添乗。
ご遺骨のお引き取りでご訪問した際、これからの供養や弔事をついつい熱く語ってしまい、私の話に耳を傾けてくださったご家族様のお手伝いです。

今回、亡くなったのはご主人様。
亡くなる前から海洋散骨を希望されていたそうです。

「お母さんが逝ったら一緒に散骨してあげる」そんなご家族の会話に「俺は一人で行く!」そうご主人様はおっしゃっていたそうですが…
照れ隠しのようです(笑)
少しだけご遺骨は残してご自宅でご供養され、奥様にも来るその日に…
一緒に散骨をするようです。
そんな暖かなご家族。お天気にも恵まれ、東京湾にて散骨を終え横浜港へ無事帰港。
奥様が涙する場面もありましたが、大変喜んで頂けました。

14日。台風19号による被災後の出船。一ヶ月ぶりです…
朝一番で清掃作業を始め、泥だけの船も綺麗に致しました。
マリーナの船が14隻、海に流出したなかで流されず残った当社のマリンロータス号ⅡとⅢは…再び使命を全うするため、海洋の蓮華の如く、ご家族の想いを乗せ再び走り出します。

横浜で東京湾散骨

毎週、多くのご依頼を頂き故人様及びご家族様には心より感謝を申し上げます。
今週末、湘南エリアの相模湾と横浜エリアの東京湾にて5組のご家族様が無事、故人様の散骨を終えました。お墓や位牌に魂を閉じ込める供養と対照的に魂を自由に解き放つ海洋葬。想像は無限に広がる。そう思うところでございます。

湘南の海で散骨

湘南の海で散骨する=湘南スタイル
大海原で起こる感動…この感動が人々に広まっていることを実感します。

散骨を湘南で…

本日は茅ヶ崎市の葬儀社様のご依頼で出船。
「散骨を湘南の海で行いたい」そんなご家族の相談を聞くと、
故人様が、湘南の生まれだったり、奥様と出会った場所だったり、お子さんを育てた場所だったり、釣りが好きで良く訪れていた場所だったり…共通するのは「思い出での場所」
そして船を降りてから、「良い思い出になりました。」そうご家族が言ってくださいます。

最近思うことは、葬儀にも付加価値が必要ということ…
これからの時代は、弔事にどれだけお金を使ったかではなく、どれだけ思い出に残る葬送ができたか…そこに価値が生まれる。
「亡くなった方にお金を掛ける時代ではない」というのは業界人の言い訳で、価値のあるもを提供できていないだけだと思うところでございます。

湘南、葉山で散骨

本日は湘南葉山で散骨のお手伝い。
空と海のコンディションは最も良いAAAのトリプルA
町田市にお住まいのご依頼者様。
複数の散骨業者へ問い合わせ、見積もりを行ったそうですが…
「嘘ばっかり」そう仰ってました。
一部、知っている業者名もあり(笑)場面も…
最後に、私は息子に小西さんにお願いするように言っておきますと嬉しいお言葉を頂き
見送りました。

船を上架。急いで立川にある合同庁舎へ免税券に引き取りに…
去年、申請した分を全て使いきり追加で申請。それも使いきり、
今年はドラム缶40本分の8000リットルを申請し無事受け取りました。

湘南葉山港より…海への散骨

本日晴天で午前は北風。午後は南西風の予報。
終了後は、南西が強く吹きましたがご家族を乗せている時間は穏やかな海象。
今回は、埼玉県鴻巣市にお住いの依頼者さま。
ゆかりのない湘南葉山の海ですが、綺麗な海を希望され葉山に決められました。
港では大きなイシダイにハコフグ…7、8メートルある海底が見えます。
ご家族は少し早めに葉山港へ到着。
そして定刻より少し早く出発。裕次郎灯台のある名島を通り沖合へ…
散骨が無事に終わり帰港そして降船。
お遺灰は思い切って瞬間的に海に撒くと、雲のようなシルエットが2、3分続きます。
奥様はそれができず帰り際、「少しずつ撒いてしまい、綺麗なシルエットにならなかった…成仏するだろうか?」奥様の故人様へ対するの想い、そして純粋さにほっこり…「成仏しないわけありませんよ」そう言葉を交わしお見送りました。

2019年出初め。湘南の海洋散骨

2019年初出船。
キリスト教の信仰が厚い故人様で、御身内がいらっしゃらなかったようです。
遺言執行者と葬儀社の社長を乗せ沖合へ。ご友人がヨットを所有していて共に見送りたいと事前に相談を受けており、当日条件が良く海上で合流することになりました。…
故人様も近しい人の手から見送られる方が喜ぶのでは…という事でご友人が見送ることになりました。
「先生」とご友人から呼ばれていた故人様。坊主も同じく「先生」と言われますが、人の先に立つ本物の「先生」だったのだと思います。

株式会社墓地ナビのFacebook

湘南エリアの散骨は当社が一番…

マリンロータスⅢが初出船。
初代マリンロータス、ニューマリンロータス、マリンロータスⅡ…そしてマリンロータスⅢ
海洋葬のお手伝いを始め、来年10年目を迎えます。6人程度しか乗れない小さなボートから、ご家族様と故人様の支えもあって
今では、湘南エリアの散骨は当社が一番良いサービスを提供している…そう自負できる程になりました。

本日、マリンロータスⅡで1組、そしてマリンロータスⅢでお手伝いしたのは3組。
その3組のご家族様は、すべて以前に当社でお手伝いをさせて頂いたご家族様…今日ほど誇れる日はなかったと思います。
心が折れそうな事もありましたが、この仕事を初めてよかった…続けてよかった…心から思うところでございます。

株式会社墓地ナビのFacebook

湘南での散骨…そこにドラマ

7月下旬の週末は台風の影響で出船中止が続きました。ですがそれ以降、週末に台風も来ることなく多くのご家族のお手伝いを終えることができました。

写真では伝わらないドラマがそこにあります。
人生を全うして亡くなられた故人、20代でご両親より先に亡くなった故人…
散骨に至るまでの経緯やご家族の心の葛藤…
ただ…ここで、この海の上で良かったと思えれば、このドラマは「はっぴーえんど」で終えることができる。そう思えるのございます。

そのために私たちができること…
残された家族が悔いなく、これで良かったと思って頂くには、心遣いはもちろん、
ご家族様に故人様と最後の時間をより良く過ごして頂くために何ができるか…
株式会社墓地ナビの飽くなき挑戦は続き、それもドラマとなるのでございます。

ご家族のため…
お願いして良かったと言って頂くため…
勿論、自分の為。自分の家族のため。人の役に立てていると実感するため…
挑戦に挑戦を重ねて参ります。

株式会社墓地ナビのFacebook

手をつなぐ

ことわって撮らせて頂いた1枚の写真…

平凡な家族の写真に見えますが、事情があって一緒になったご夫婦。お互い二度目の結婚。
そんな家族が写っている写真…

平成27年の4月に奥様を病気で亡くしたご主人に依頼され、散骨をお手伝いさせて頂きました。
奥様は、ご主人と小学三年生の娘さんを残してご逝去されました。
散骨した日のこと…その日は雨。小さな背中でお父さんと共に遺灰が入った袋に手を添え、散骨していた姿があまりにせつなくて忘れられません。

奥様は、サザンオールスターズのファンだったので湘南の海で散骨することになったのですが、お住まいは千葉。前日から泊まりで臨んでいたので、延期をされませでした…

爽やかな空の下でお手伝いができなかった事が無念で去年、娘さんと一緒に奥様の散骨をした場所まで船に乗せるから遊びに来て欲しいとお手紙を発信。なかなか返事は返ってこなかったのですが、今年になってお電話をいただきました。

そして11月3日に決定。
当日、待ち合わせの場所にもうすぐ着くと電話でやりとりをし、「人数が2人じゃないんですがいいですか?」と…
すぐに分かりました。再婚したのだと…
電話を切り、10分後…2年半ぶりに再会した家族は5人家族に…
お互いにお子さん一人を連れて結婚。その間に新たな命も。

5人を乗せ出発..ポイントへ。
お花を手向けながらサザンオールスターズの「慕情」が流れ…とっても素敵な時間でした。
娘さんは涙し、それぞれ手を合わせ何かを報告していたのだと思います…

人は、様々な問題を抱えながら、果てしなく続く海を航海するように生きている。
そこで不安は尽きない。だから、手をつなぎ…助け合って生きて行く。
これで、天国の奥様は少し安心できるのではないか…

今回はご家族のための奉仕でしたが、ご家族に得る事が難しい…得難い何かを頂きました。
心からこの仕事に就かせて頂けた事…感謝したいと思うところでございます。

株式会社墓地ナビのFacebook