散骨の法律問題、費用、お墓の処分など、お客様の疑問を解決します。

散骨「想」 お問合せは0120-736-763
散骨「想」トップ > 散骨Q&A

散骨Q&A

Q1
散骨に適した季節はあるのでしょうか?

散骨葬は一年を通し可能ですが、適した季節・適さない季節がございます。


相模湾での散骨葬につきましては、
夏の終わり頃から秋にかけて、または、冬の終わり頃から春にかけて行うのがより適しています。

夏季は気温の上昇も早く、南東からの風が吹くため早目の帰港となってしまう場合があります。
冬季は北からの風が強い日もありますが、海は澄んでいて波も穏かな状態です。


東京湾での散骨葬につきましては、
夏は水質が悪く、散骨には不向きです。

Q2
出航時間の指定は可能でしょうか?

出航時間の指定は可能です。
遠方から式にご参加される方や、遠出に慣れていない方のために柔軟に対応させて頂きます。

故人様が、「江ノ島に日の出をよく見に行っていた。」 「夕日を見るのが好きだった。」
などの理由で、時間の指定をしたい場合もご相談下さい。

Q3
散骨をする日から遡って、どのくらい前に申し込めば間に合いますか?

一週間前にはご遺骨を粉骨化した状態にしておきたいと考えています。
お骨の引取も当社スケジュールとの兼ね合いがありますので、余裕をもって二週間前までにお申し込み頂きたいと考えています。

Q4
散骨葬に使用する船は、漁船なのですか?

当社の散骨葬で使用する船は、プレジャーボートになります。

江ノ島・平塚新港発着の場合は、定員12名のヤマハCR-28という船を使用します。
船室付きキャビン内には7名分の座席とテーブルがあります。
アクリルパイプも船に用意してあり、お骨をパウダー状のまま撒いても、風で蒔き散ることなく散骨できます。

みなとみらい(ぷかり桟橋)発着の場合は、定員20名のオーシャンヨット60という船を使用します。

Q5
散骨式の時、故人の好きな曲を流すことは可能ですか?

ボートにはCDプレイヤーが備え付けてあり、曲を流すことは可能です。
お申込時に事前にお申し付けください。

Q6
どのように船から撒くのですか?

袋の状態のままの散骨でなく、袋から出して散骨する方法をお勧めしております。
そうすることで、海面に美しくエメラルドグリーン色が広がります。

直系20cmの透明アクリルパイプも船にご用意しており、風の強い日でも、風で蒔き散ることなく散骨ができます。

Q7
遺骨は全て散骨するのですか?

ご遺族様のご希望に沿います。全散骨・一部散骨などは、事前にご相談ください。

また、当社では、各種手元供養の商品も取り扱っておりますので、ぜひご参照ください。

Q8
散骨ポイントや海域の指定は可能でしょうか?

海域は相模湾か東京湾となります。


相模湾での散骨の場合、
散骨ポイントは、当社の指定する鎌倉、江ノ島、烏帽子岩の沖合いとなります。


東京湾での散骨の場合、
散骨ポイントは、横浜ベイブリッジの沖合となります。

Q9
散骨海域にお参りすることは可能ですか?

当社の海洋散骨では、正確な緯度・経度を記した「散骨証明書(ポイントを記した海図)」を発行しますので、 散骨をおこなった海域に、いつでも何度でも行くことができます。

法要など特別な日には、事前にお問い合わせください。

Q10
日本国内での散骨は違法なのですか?

現在、日本では墓地埋葬に関する法律「墓地埋葬法」と「刑法190条」遺骨遺棄罪があります。
そのどちらにも「散骨」の定義はなく、法務省は散骨を『節度をもって行えば違法ではない(あるいは)「問題ない」とする』という見解です。

Q11
総額15万円となっていますが、他に比べると安いです。他に費用は本当に掛かりませんか?

総額費用です。他に掛かる費用はございません。

乗船人数により価格が異なりますので、ご確認ください。各プランの価格
その他ご不明な点がありましたら、お問い合わせください。

Q12
火葬後の遺骨をそのまま散骨することは可能ですか?

火葬後の、骨壷に納骨したご遺骨をそのまま散骨することは、刑法190条に記載されている「…節度を持って行われる限り…」に相違します。
海洋散骨をおこなう場合は、遺骨を必ずパウダー状にする必要があります。

Q13
公的な書類は申込みの際に必要ですか?

特に必要ございませんが、ご遺骨の引取を希望されるお客様は故人様の遺骨を証明する「火葬埋葬許可書」のコピーをご用意ください。

Q14
自宅で遺骨を粉状にしてもらいたいのですが、機械音などで近所迷惑になりませんか?

機械を回すのは数秒間です。音の大きさとしては家庭用ドライヤー程度の大きさですのでご心配ないと思います。

Q15
参加予定者に高齢者がいますが乗船は可能でしょうか?

車いすでご参加されたお客様の対応実績もございますが、急な天候や海象の悪化などで乗船をご遠慮頂く場合がございます。

Q16
役所への申請は必要なのですか?

役所などに申請する必要は特にございません。

Q17
散骨式当日には、何を持参すればよいでしょうか?

献花は当社でご用意させて頂きます。
それ以外で、故人様が好きだった食べ物(お供物)や、お酒(献酒)があれば当日ご持参願います。
好んで聴いていた曲があれば、CDをお持ち下さい。

Q18
どんな場所から船に乗りますか?

「相模湾プライベート散骨」「年回忌クルーズ」の場合
乗り場は 江ノ島平塚新港の2ヶ所からの選択となります。

江ノ島
乗船場所は、小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅より徒歩1分となります。
駅前の境川に架かる片瀬橋の橋架下で、江ノ島に一番近い場所からとなっています。 乗船場所までは、川沿いでも数少ない階段がございます。 仮設階段でないのでお年を召した方でも安全に乗船できます。
平塚新港
出航場所としての施設は充実しており、桟橋も広く開放感がございます。
平塚新港フィッシャリーナ施設は コチラをご参照ください。

「横浜港(東京湾)プライベート散骨」の場合
乗り場は、横浜みなとみらいぷかり桟橋となります。

横浜みなとみらいぷかり桟橋
ぷかり桟橋は日本発の浮体式の旅客船ターミナルです。
客船ターミナルは時計台のある西洋風の建物で2階建てです。1階が切符売り場と待合室、 2階がヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル直営の海上レストラン、「海鮮びすとろ ピア21」になっております。
Q19
トイレや食事をする所が近くにありますか?

「相模湾プライベート散骨」「年回忌クルーズ」の場合
トイレは両方の乗り場近くにございます。
帰港後、お食事をする場合は、帰港を江ノ島に設定することをお勧めいたします。


「横浜港(東京湾)プライベート散骨」の場合
利用するぷかり桟橋は、1階が旅客船ターミナルになっており、トイレが完備されております。
また、2階には海上レストランがあります。

Q20
どのような天気で延期になるのでしょうか?

基本的に気象庁発表による予報が基準となります。

波の高さが1m~1.5mまでであれば出航いたします。
1.5m以上、または、うねりを伴う予報の場合は、安全確保のため出港は見合わせ、延期と致します。 尚、雨天でも波の状況が基準を満たしていれば出航は可能です。

Q21
同時にお墓も撤去したい場合はどうしたらよいでしょうか?

当社では、墓所の撤去作業も行っております。責任をもって、石塔を供養・処分いたします。