粉骨サービスでは、墓地ナビが、自宅や小平霊園に出張し作業を行います。

散骨「想」 お問合せは0120-736-763
散骨「想」トップ >  その他のサービス >  ご遺骨のパウダー化/粉骨

粉骨、ご遺骨のパウダー化サービス

小平霊園での粉骨化 自宅での粉骨化 

当社では、以下のようなお客様を対象に、粉骨サービスを行っております。

  • ・粉骨の後に散骨を行いたい
  • ・霊園や納骨堂、樹林型合葬埋蔵施設での使用料をお得にするために粉骨したい
  • ・自宅での安置や手元供養を行いたい

当サービスは、ご自宅での粉骨小平霊園への出張粉骨の2つのサービスからお選びいただけます。
お気軽にご相談ください。

※当社での海洋散骨をご希望のお客様の場合は、粉骨料金はサービス料金に含まれております。
 詳細は、各散骨プランページよりご確認ください。

小平霊園での遺骨砕骨/粉骨サービス

※小平霊園でのサービスはトレーラー利用休止中のため、
一時お休みしております。
ご自宅での粉骨化は通常通りご利用可能です。

お客様の希望日に出張いたします。ご自宅での作業も可能です。

霊園への引き渡し日に合わせれば、全て一日で完結することもできます。
砕骨後、遺骨は水溶性の紙袋にお入れし、骨壺、桐箱の処分を致します。

お値段

1柱3.5万円
  • 1柱、35,000円(税別)にて、故人様のご焼骨を粉状/パウダー化いたします。
  • 2柱目より半額17,500円(税別)となります。

粉骨化のメリット

◆都営小平霊園、樹林型合葬埋蔵施設の利用料は、ご遺骨1体13.4万円ですが、
 火葬したご遺骨を粉状にする事によって1/3の料金で利用する事が可能となります。

◆代々継承する墓地の納骨堂(カロート)を広く使用することができます。
 通常、二段の納骨堂で、6~7寸サイズを前提として10~12程度骨壺を埋葬可能ですが、
 パウダー化することによって20程度の骨壺を埋葬することが可能になります。

 最近では、丘カロートと言われる、土の上に建てる一段式の納骨堂が主流になってきました。
 水がはいりづらいという利点がありながら、骨壺が沢山入らないという欠点もあります。
 お骨をパウダー化すればより広く利用することができます。

サービスの流れ

小平駅前、提携石材店(駐車場)にて砕骨作業を行います。出張車両内は4名様まで立ち会いが可能です。
立ち会いを希望されない方は、外でお待ちいただけます。作業は30分~1時間程度で終了します。作業中はブラインドを使用致しますのでご安心ください。

車両は停車中、固定致します。安定した状態で作業を行います。

ご自宅での遺骨砕骨/粉骨サービス

お客様の自宅や指定場所にて砕骨作業を行います。

お値段

1柱3.5万円
  • 1柱、35,000円(税別)にて、故人様のご焼骨を粉状/パウダー化いたします。
  • 2柱目より半額17,500円(税別)となります。
  • ※エリアによっては出張費がかかります。
    ※引き取り方法は輸送事故防止のため指定場所まで当社スタッフが引き取りにお伺いします。

粉骨化のメリット

最近、自宅にて長期間ご遺骨をご安置される方が増えています。場所をとるご遺骨ですが粗末にできないもの。

粉状にすることで、

  • 骨壺のサイズを替えて仏壇の脇に安置する
  • 出窓にモニュメントを設置してお手元で供養する
  • 粉状にした故人様のお骨を少量ペンダントに入れて身につける
など、「供養」という形の幅が広がります。

対応エリア

対応エリアは、ご遺骨引取り対応エリアと同じとなります。
エリア外の場合は、別途出張費がかかります。詳しくはお問い合わせください。

小平霊園樹林型合葬埋蔵施設について

     

①特色

  • 個人(一体用)または夫婦、親子、兄弟姉妹(二体用)で申し込みができるお墓です。
  • 直接土に触れるかたちで遺骨を共同埋葬します。
  • 生前に申し込む事もでき、遺骨での申し込みもできます。
  • お墓を継ぐ人がいない方もご利用になれます。
  • 「遺骨」・「粉状遺骨」の両方を募集します。二体用に申し込む場合は、二体とも「遺骨」か二体とも「粉状遺骨」となります。
  • 墓誌(石製)は設置しません。
   

②埋蔵方法

  • 樹木の下に設置された共同埋蔵施設に、遺骨を納骨袋に入れた状態で、直接土に触れるかたちで共同埋蔵します。「遺骨共同埋蔵承諾書」に署名、実印を押印のうえ、書類審査時に提出します。
   

③納骨方法

  • 納骨は、管理事務所で手続きが終了した後に、霊園職員が行ないます。(納骨に立ち会うことはできません)また、埋蔵したご遺骨の返還されません。
   

④参拝方法

  • 焼香や献花は、墓地正面に設けられた参拝広場にある献花台で行います。毎年1回、5月4日に霊園の管理者が「献花式」を行います。毎月決められた日を1日、この施設の閉鎖日とします。この日参拝はできませんので、あらかじめ霊園管理事務所にご確認ください。