散骨の歴史と日本政府の見解について知る。政府の散骨に対する見解とは?

散骨「想」 お問合せは0120-736-763
散骨「想」トップ > 散骨の知識 -散骨を紐解く- > 散骨の歴史を知る

散骨の歴史を知る

1.散骨の歴史を知る

海洋散骨は現代突然現れた葬送方法ではない?

海洋散骨が一般的に周知されてきたのは最近のことのように感じますが、亡くなった後の遺体を川や海にかえすという考えは、現代に突然現れた葬送方法ではありません。
「水葬」や「舟葬」という葬送は古来から世界中に存在します。(これらは文字通り、遺体を火葬しないで川や海にそのまま流す葬送法のことです。現在、日本では原則として遺体を火葬しないで川や海に流すことは法律で禁止されています。)

舟形地蔵
舟形地蔵。背中には船の形の飾りがついている。

日本でも昔は一部の地域では「水葬」が行われていたようです。
例えば島根県の出雲地方では、子供や妊婦が亡くなると石棺に遺体を納めて、宍道湖に沈めていました。

船に乗せ川や海に流す「舟葬」については、日本の一部の地域で行われていたという情報はありませんが、精霊流しは各地に習慣が残っています。また、舟型の地蔵は「舟葬」との関連性を示すものかもしれません。

日本で散骨が公に容認されたのは最近

現代日本において火葬しないで遺体を流すことは法律で原則禁止されていますが、火葬後の焼骨を粉末状にし撒く「散骨」という行為に関しては、その限りではありません。

この「散骨」について、日本政府が公な見解を示したのは最近のことです。
1990年頃から法務省、厚生労働省の散骨に対する見解が流布するようになりました。
『法務省:散骨は節度をもって行えば違法ではない(あるいは問題ない)とするもの。
 厚生省:(現在の厚生労働省)散骨は法の想定外。』

これらの見解は「葬送の自由をすすめる会」の働きかけによるものかもしれません。
海洋散骨は1991年10月5日「葬送の自由をすすめる会」によってマスコミに発表され、相模湾で散骨が実施されました。俳優、石原裕次郎さんの散骨も、これ以降に散骨されたと思われます。