散骨の短所と長所とは何か。お墓や親族、お金の問題を知る。

散骨「想」 お問合せは0120-736-763
散骨「想」トップ > 散骨の知識 -散骨を紐解く- > 散骨の短所と長所を知る

散骨の短所と長所を知る

5.散骨の短所と長所を知る

散骨の短所

心のよりどころとなる明確な対象物がなくなってしまうこと以外に次のような事が考えられます。

親戚同士、同じ墓地にお墓を所有していることが多い地域もあります。
自分の家のお墓参りに行くと、新しいお花が供えてある。
「誰?」と様々な親戚の顔が思い浮かぶ。
そんな事を経験されている方も多いのではないでしょうか。

お墓参りは、遺族の心のよりどころとなると同時に親戚との絆を深める役割も 果たしています。
そのお墓が無ければ親戚付き合いは、深まるどころか疎遠となってしまい 結果、他人化してしまう事が考えられます。

散骨の長所

都内近郊の墓所では、総額100万円以下に抑えた小さな墓所も多く販売されていますが、
一般社団法人全国優良石材店の会が行った2008年の調査によると墓地に掛ける費用の全国平均は169万8千円。
その高額な墓地購入費用の捻出が不要になり、同時に管理やメンテナンスも行わずに済むと考えられます。

昨今では転勤や海外勤務は珍しくありません。 その結果、墓守が疎かになってしまい、お墓参りに行けないことが気がかりになるのが実状です。 墓地に少しでも近い親戚にお願いしたり、お墓参り代行業者に依頼するという実際の話も耳にします。 それらの負担が軽減されます。