散骨「想」をご利用になったお客様の声です。数多くのお手伝いをさせていただいております。

散骨「想」 お問合せは0120-736-763
散骨「想」トップ > 口コミ情報 ご利用者様の声 > お客様の声2015年10月~

お客様の声2015年10月~

2015年10月~

当日波が高かったのですが、散骨していただいて感謝です。
故人の意思を実現できて感無量でした。ありがとうございました。写真も大満足です。

2016年3月

散骨証明書ありがとうございます。故父、母、最期の時に小西社長と出会えた時、本当に力になっていただき一緒に散骨できました。
もう無理かと思って父一人でなくて本当によかったと思います。
私も同じ所にお願いしますネ!!娘にも話してあります。私達親子に出来る事がありましたらお手伝いします。
ありがとうございます。小西さんなら信頼・心があります。がんばってください。

このお手紙のブログ記事へ

2016年1月

先日は海洋散骨を無事に終える事が出来てほっとしているところです。

誠意のある対応と、客からみて押しつけがましくなく好感のもてる方に巡り合えたことを大変嬉しく思っています。
しっかりと供養感を味わえましたことに感謝しております。ありがとうございました。
(機会があったら、おすすめしたいと思っています)

このお手紙のブログ記事へ

2016年1月

12月16日、小春日和の穏やかな日に、母の散骨、ありがとうございました。
父と同じ場所に散骨・・・深いお心遣い、とても感謝しております。
懐かしい七里ヶ浜の家を眺めながら、人生で一番幸福だった思い出とともに、ゆったりと自然へ帰れることと思います。 次回はたぶん、私の散骨をお願いすることでしょう。

小西さん、事故らないで、元気でいて下さいましね!ほんとうに、ありがとうございました。

このお手紙のブログ記事へ

2015年12月

この度はお世話になりました。父が生まれ育った山下町を海上からゆっくり見せてやれ良かったです。
また係りの皆様の親切な対応で滞りなく終わることが出来ました。

海上散骨はパンフレットや動画で見てさびしいものだと想像していましたが、実際は広大で厳かな式であり感動が心深く刻み込まれました。
気になったのは、クルーザーの排気煙と臭い。キャビンに逃げても、のどや胸が痛く気分が悪くなってしまいました。
今後ご一考されることを期待したいと思います。

このお手紙のブログ記事へ

2015年12月

父はまだしっかりと一人で生活を維持できていた頃に、自分の最期の形を考え、娘である私に伝えてきました。「散骨」という言葉を投げかけられ、 私は大きな戸惑いと悲しみで父に反対し続け、14年程の月日が流れていきました。

今回父の意志を尊重し、実行するにあたり、小西さんとの出会いが大変大きなものであったことを実感しております。自宅での粉骨から、散骨を終えるまでの温かな気づかい、 丁寧な対応、そして見送った遺族の背中を最後の最後まで見届けてくださった小西さんに心からお礼申し上げます。ありがとうございました。
小西さんがおっしゃっていた「散骨はいいと思います。海ですから明るいし、自然に戻るんですから。」というお話の通り、 何か私の心も解放されたような気持になりました。
お墓こそありませんが、記録として散骨の様子を撮ってくださった写真を大切にしながら、父を偲びたいと思っております。
今回の散骨を小西さんにお願いできたこと、本当によかったです。どうぞお身体気を付けて、これからもご活躍ください。

このお手紙のブログ記事へ

2015年12月

この度は散骨葬を頼んで大変良かったと感謝しております。

散骨して頂いた場所に記してあるのに私なりに感動しました。
ちょっとビックリしたのは意外に写真が大きかった事ですが、 子供達と話をして、こんなにもキチンとなさって居られるとは思ってもいなくて感謝しております。

これからも良いお仕事をなさって下さいませ。有難う御座いました。乱筆乱分にて失礼します。

このお手紙のブログ記事へ

2015年11月

ありがとうございました。
デジタル写真の解像度が良い方がいいと思います。少し残念に思いました。枚数ももっと多い方がいいと思います。
快晴で良かったです。

このお手紙のブログ記事へ

2015年11月

小西様
先日は大変お世話になりましてありがとうございました。
家族一同無事に終える事ができ、ほっとしております。

生前、日頃あまり自分の主張をしない母が、「海にまいてほしい」ということだけはしっかりと家族に伝えていたんです。ですが散骨なんてどうすればできるのかもわからず、 途方にくれておりました。
ですがまさに奇跡!しっかりと母の望みを叶えてくれるこちらと出会い、そして最高のお天気の中、無事にすますことができたのは、 きっと母が出会わせてくれたとしか思えません。そしてどれも本人とその家族に寄り添った小西さんの考え方だったり、システムだったのが本当に私達にとっては救いでした。

命を張る、命と向き合うとはまさにこのこと。「自然」と「命」両方を扱うという大変なお役目を引き受けてくださってありがとうございます!そんな気持ちです。
どうかお体お大事になさって下さい。墓地ナビスタッフの皆様、これからも応援させて頂きます。

このお手紙のブログ記事へ

2015年10月