ハワイから…故郷の海へ散骨

2017-07-12

電話に着信が…
着信番号の表示にはハワイの文字…
何かの間違い?と思いながら、電話に出ました。

話を聞くと、お母様の遺言を叶えるため業者を探してる。平塚のマリーナに問い合わせをしたところ、当社に辿り着いたとのことでした。依頼者様はハワイ在住の日本人。話とは関係はありませんが…
アメリカ本土で永住権を取得したそうです。
そして、お母様は熱海市出身だったそうで、前述しましたが相模湾に散骨してほしいという遺言だったそうです。そこで深い話はしなかったのですが、ハワイで火葬したということは、ハワイに一緒に住んでいらっしゃったのだと思います。
母の相模湾での散骨を引き受けてもらえるか?
引き受けが可能であれば、日本に一時帰国するので、その際に母の遺骨を引き渡したいという。
断る理由もないので、お引き受け致しました。
そして数日後、ハワイよりわざわざ事務所まで来ていただき…
故人様のご遺骨を受け取りました。
その際、ご遺骨を拝見。ビニール袋が二重?になっていて封印がされています。そしてタグが付いています。…なんかカッコイイ
ご遺骨が入っている内側の袋は、水溶性の袋。最近の食べてしまいそうな液体洗濯洗剤があります。袋に洗剤を閉じ込めてあるやつです…
それと同じような素材でした。
依頼者と僅かな時間、ハワイでの生活など…お話をしていただきました。
雰囲気のあるとても素敵な依頼者様でした。そして最寄りの駅まで送り、お別れ致しました。

更に数日。散骨当日は、この上ないコンデションだったのですが、伊豆半島はほぼ見えない状態。
そこだけが無念でしたが、無事に終えたことを報告させて頂きました。
ハワイに帰国された依頼者様は報告後メールにてご返事をくださいました。

小西 様
写真、ありがとうございました。日本の光と海、綺麗ですね、母も喜んでいると思います。
お世話になりました。感謝いたします。いつまでもお元気で!

滞りなく無事に役目を果たし…この海もハワイに繋がっている。そんな事をふと思うのでした…
料金をいただき更に、このように言って頂ける…やはり贅沢です。
そして感謝でございます。

Copyright(c) 2011 bochinavi,inc.All Rights Reserved.